タミフルは大人でも異常行動が起きる?

タミフルは、インフルエンザの治療薬で、体内でウイルスを増やさないようにするための薬です。
タミフルを投薬することで、症状をそれ以上悪化させずに、症状を抑制する期間を短縮させる効果が期待できます。
一般的な使い方は、子供の場合には、ドライシロップとして体重で計算されて処方されます。大人の場合は、黄色と白のカプセルが処方され、発熱などの症状が現れてから48時間以内に服用することで、効果を発揮します。
副作用として、下痢や嘔吐がありますが、一時期話題となった異常行動については、発生頻度のわからない副作用として説明され、10代に多く発生しているといわれています。
ただ、異常行動については、むやみに怖がる必要はありませんが、少しでもおかしいと思った場合には、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。
インフルエンザに感染すると、高熱や関節痛など、体の節々の痛みがつらく、高齢者や免疫力が低下している人が感染した場合、重症化する可能性があるので、十分に注意が必要となります。
インフルエンザの潜伏期間は1~3日で、ウイルスの急激な増殖によってインフルエンザを発症してしまいます。
治療薬として処方されるタミフルは、インフルエンザウイルスが増殖するのを抑える効果があるため、発症後から48時間以内に服用する必要があります。
一般的にタミフルを服用してから、30時間~38時間で効果が現れるとされ、それまでの間は、水分補給などに気をつける必要があります。
もし服用期間中に熱が下がったとしても、処方された5日間は飲み続ける必要があります。
これは、のどの粘膜などにウイルスが残っているため、途中で服用をやめてしまうと、ウイルスが外にでる可能でがあります。
また途中でやめてしまったことで、タミフルの耐性菌が現れ、次にインフルエンザに感染した場合、薬が効かなく可能性があるので、きちんと飲みきることが大切です。