インフルエンザで喉が痛くなる

インフルエンザは毎年11月~4月頃まで流行する病気であり、特に新型インフルエンザには注意が必要です。インフルエンザは通常の風邪よりも重症化しやすいという特徴があるため、しっかりと予防をしていくと良いでしょう。
インフルエンザにかかると喉の痛みが現れ、なかなか眠れないということもあります。
喉の痛みはウイルスが侵入してくること原因であり、ウイルスが鼻やのどの粘膜で増殖することで炎症が起きてしまいます。
炎症によって喉の痛みが現れてしまいますし、気管支まで到達すると咳や痰などの症状が出てしまうこともあるのです。
インフルエンザは普通の風邪よりも症状が重く、日常生活が困難になってしまうことはもちろん、場合によっては生死に関わることもあります。
ウイルスは1日~2日は潜伏しているのですが、やがて高熱や頭痛、筋肉痛、関節痛などの症状が出てきます。
呼吸器系の炎症を伴うこともありますし、子供やお年寄りは肺炎などを併発して重症化しやすいと言われています。
インフルエンザの治療ではタミフルが処方されることが多いのですが、その服用タイミングについてもしっかり知っておくと良いでしょう。
タミフルにはインフルエンザウイルスの増殖を抑えるという効果があるため、それによってインフルエンザの辛い症状を軽減することができます。
しかし、大切なのは発症してから48時間以内に服用するということであり、それを過ぎてしまうとほとんど薬の効果が無くなってしまうので注意しましょう。
タミフルはインフルエンザウイルス自体を殺菌することはできないのですが、ウイルスの増殖を抑えることで重症化を防ぐことができますし、症状を早く改善することができるのです。